豊胸手術を受ける時には失敗談を参考にする

脂肪注入法を選んだ

芸能人、豊胸手術 | シリコンバッグ除去&豊胸手術を徹底比較!

私が脂肪注入法を選んだ一番の理由は、もちろん太股などの脂肪を減らすことができるということもありますが、見た目や触感も自然なバストになることが一番の理由でした。
シリコンバックは、確実にバストを大きくすることができますが、硬そうなイメージがありますが、もともと自分の脂肪なので、柔らかさも自然でなによりも拒絶反応もないというのが安心材料となりました。
よく、豊胸手術失敗談なども雑誌などでみますが、多くの場合、シリコンバックが体内で硬くなってしまうというもので、それをみるとちょっと怖くて手術を受ける勇気は起こりません。
もちろん脂肪注入法にも、リスクはありますし、絶対に失敗しないとはいえませんが、私が受けた印象では、リスクは少ないように感じます。
ただ、脂肪注入法は、痩せ型で脂肪が少ない人には不向きな方法で、一部が吸収されてしまいますから、術後直後よりも、少し小さくなるというデメリットがあります。
また、人間の体から採取できる脂肪の量には、限界がありますから、劇的にバストを大きくしたいという人には向いていません。
さらに、ヒアルロン酸注入と同様に、注入した脂肪がすべてバストとして定着するわけではないので、シリコンバックのように、入れたものすべてがバストになるというわけではありません。
この脂肪注入法を受ける時に気をつけた方がいいのは、何軒かのクリニックを回ってから決めた方がよいということです。
最近は、インターネットなどでも簡単に口コミを読むことができるので、口コミだけをみてクリニックを選ぶ人も多くいると思います。
ただ、口コミには、いいことばかり書かれていて、実際の対応と違ったというケースも少なくありません。
こういったトラブルを回避するには、実際にクリニックを回り、信用できそうな医師やクリニックを見つけることが大事です。

豊胸手術を受けたいけど、シリコンはちょっと…脂肪注入法を選んだ